神戸学園都市高塚山を愛する会

アクセスカウンタ

zoom RSS ヒロコバ丘の森づくり活動(平成25年2月5日)

<<   作成日時 : 2013/02/05 20:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 本日は、ヒロコバ丘の森づくりプロジェクトチームの当会会員4名と個人1名の計5名で、L−6地上部の草刈とH地での穴掘りを実施しました。
 北法面L−7地とL−6地の境目において、L−6地上部の枯れた雑草が見苦しいため、刈払機2台でその枯れた雑草を刈り、L−6地上部の一部をスッキリさせました。また前回で草刈りを終えたL−7地ではもう植樹用の穴掘りする箇所がなくなったため、まだ植樹のできる個所があったH地で、穴掘りを9箇所行いました。
 これにて、まだ一部だけですが北法面L−7地とL−6地の境目が少し綺麗になり、L−7地の植樹時には気持ち良く植樹できるようになりました。そして植樹用の穴の総数は95個となりました。

 次の活動は、花壇づくりと高塚山の森づくりで、花壇づくりの方は、雨水を溜める貯水タンクの屋根づくり等の予定で、森づくりの方は第5高台周辺の整備予定です。 時間の許せる方はご参加下さい。

次の活動日:2月7日(木)
花壇づくり:午前9時から、集合場所:高塚山北入口
森づくり:午前10時から、集合場所:高塚山北入山道中腹倉庫前


 鬱蒼としたセイタカアワダチソウやクズを刈り取った後、日の良く当たるヒロコバ丘では、新たな植物が育ち白い小さな花を咲かせていました。そんなH地で、さらに植樹するための穴掘りを行いました。
画像



 L−7地とL−6地の境目において、枯れて見苦しいL−6地上部の雑草刈りを行いました。西端から東端までの草刈りは時間を要し、本日は少ししか雑草を刈りことができませんでした。
画像



 L−7地とL−6地との境目におけるL−6地上部の枯れて見苦しい雑草は、まだまだ続きますが、草刈を終えたその境目の一部は綺麗になり、随分と気持ち良く植樹活動ができるようになりました。
画像



上から見たL−7地とL−6地との境目におけるL−6地上部の草刈りの様子。
草刈を終え、L−6地上部にある木々の根元がスッキリし、木々が活き活きと見えるようになりました。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

高塚山の写真集−2

ヒロコバ丘の森づくり活動(平成25年2月5日) 神戸学園都市高塚山を愛する会/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる